ダイバー

1

沖縄のやんばるの森では昔、長い夏休みに田舎で日が暮れるまで遊んだ懐かしいワンシーンがまるで昨日のことのように蘇ります。雨に濡れて全身泥んこになって冒険心に突き動かされていた遠い日々。

広大なサトウキビ畑や伝統的な沖縄の住宅がたくさんあり、沖縄らしい空気感や景色を満喫できます。「古宇利大橋」の上から眺める海は、一生涯忘れないほど澄みきった紺碧の海。

ダイビングを大きく分けてみると、レジャーとプロフェショナルダイビングに分けられると思います。どうせならダイビングの専門家目指しても面白くないですか?機会を作ってプロダイバーの一日にも触れてみて下さい。

ダイバーショップの中には手軽にダイビングをずっと続けて貰うために、器材やその他の預かりプランをご提案しています。続けてダイビングするときはそれこそ何も持たずに来ても大丈夫です。

ウィンドサーフィンが持つ爽快感はどこにあるんだろう。セイルが受ける大気圧を双方の手で操るとスーッと足元のボードが進み始めます。

視力が衰えている人でもマスクを顔に当てることで海の中では見える範囲で1.25倍前後に拡大されて見ることができるので、裸眼視力が0.5程度の人だとしたら何ら問題はないと断言できます。

特に何もなく講義を聞き終えて、待ち待ったダイバーとしての出発地点にたどり着いた初級ダイバーさん、それでは海外の海にでも潜水しに行きましょう。

横向きのウェイクボードに立ち乗りするのは水上スキーほど技術を要しないので、感覚さえ掴めればさざ波を利用したスタイルも連発できるようになると言われています。

気軽に楽しめると評判のスキンダイビング。だけど、初歩からみっちりと訓練を受けてみませんか?と長く泳ぎたい方はかなり思い出に残る受講になります。

初めてのかたから体験したい主要な年代のダイバーにちょうど良いエリアの多様性も楽しみの1つとなります。

MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)と言うのは、あらゆるダイビングに必要な活動や境遇でスキルをレベルアップさせて、誰も真似が出来ないほどの経験を経てきたことを意味している「ノンプロ最高峰と言われるランク」で多くの人の憧れです。

水中を気が済むまで泳いで回り、初めてみる魚の泳いでいる姿と鉢合わせ。まるで今まで考えたこともない体験を実現してくれるのがダイビングアクティビティです。

水底をますます身を任せて味わうことが実行できるようになり、一段とダイビングのやり方はどんどん拡大します。

ダイビングを始めるのに老若男女の年齢の制限は特にないというのが実情です。私が聞いているのは80歳を過ぎているのにダイビングを生活に取り入れている方は大勢見られます。

ダイバーを虜にする生き物、「マンタ」に遭遇したい!といえば沖縄の石垣島。マンタエリアの川平で遊泳する現地における専用のサービスは数多くあります。